他業種への転職

トップ > 他業種への転職

学校の先生というお仕事がもう無理!

または一度距離をおきたいという方。他業種への転職という手段もあります。公立でも私立でも、「学校の先生は社会経験が足りない」というのは古今東西言われます。ならば一度民間企業で働いてみるという選択肢も全然アリだと思っています。

民間で経営感覚を変えるでもよいし、勤務形態の違いを肌で感じるのもよいでしょう。コンプライアンスなど、学校現場ではまだまだ意識が希薄なことに対して敏感になることも大切です。

結果として、教員よりも自分に適した仕事があるかもしれません。

手っ取り早いのはやはり「塾産業」

求人も多く、教科指導からどうしても離れたくない場合は塾産業が手っ取り早いです。

自分なりに教育方針にこだわりがある場合には個人での開業もありかもしれません。

ただし、立地条件や市場調査をよくやらないと厳しいでしょう。

逆に、大手予備校などに就職することができれば、また違った道が開けてくるでしょう。

参考書などを執筆するような人気講師になれるかもしれませんよ。

教育に関係する企業で経験を活かす?

教育関連企業は、数こそ少ないものの、あると言えばあります。

ベネッセや公文(くもん)などは有名ですよね。

英語の先生なら英会話学校という選択肢もあります。

あとは出版業界でしょうか。

教科書や問題集を出版している会社はいくつもありますよね。

いっそのこと他業種で

教員は好きだけど働き方が合わない、教育業界から離れたくないという方がいる一方で、絶対に教育に携わりたくないという方もやはりいらっしゃいます。

どのように自分が働いてきたのかということも関係してきますが、教員の仕事はマルチスキルかつマルチタスクなので自分の適正が見つかるかもしれません。

企業の中でのOJTトレーニングなどに携わる部署に転職して知り合いもいます。

教えるということを大人相手にやるので、子ども相手に感じるストレスや保護者対応という負担は減るわけです。

また、事務作業をするにしても書類作成などは日頃からやっているので問題なく馴染んでいる人もいます。

やはりExcelで処理できる、パワーポイントでプレゼンテーションが難なくできるというのも武器の一つにはなります。

スキルがあれば、プログラミングなどの技術を活かして転職することも可能です。

独学で勉強して、転職を成し遂げた方もいます。

トップ > 他業種への転職

タイトルとURLをコピーしました