首都圏エリアのホワイト私学(私立学校)で働きたいあなたへ

首都圏エリア(1都3県)の私学の採用情報をまとめています。

応募する学校のことを知るのは大切です。採用傾向をまとめたり、内情分析も行ったりしています。

システム更新情報(23/01/06)
・採用情報で科目と校種の併記に対応しました(中学社会と高校地理など)
・記載できる教科・科目の種類を増やしました(技術家庭・探究・理科1分野・理科基礎など)
・年齢制限の表記に対応しました(35歳未満の方・40歳未満(原則)など)
・英語の資格試験の表記に対応しました(TOEIC・TOEFL・英検・IELTS)
・専任登用の有無および再契約(再任用・契約延長等)の表記に対応しました
・人員充足次第募集終了の表記に対応しました

転職を成功させるために

私学に求められる能力とは何か。模擬授業や面接でアピールすべきポイントを考察します。

学校の内情を分析する

公開されてる情報の何を見るか。求人票や学校ホームページから読み解ける情報はたくさんあるのです。

転職活動のやり方を求人の探し方から退職の仕方まで考える

いざ私学に転職しようと思ったときにどうするか。

noteで発信している情報

ダントツの人気No.1マガジン

私立の給与・給料・ボーナス・年収考察

地域別・校種別に考察しています。

私立学校の教員採用の試験の過去問を公開

私立学校の採用試験の形式と内容

私立学校の採用試験の形式は様々です。筆記試験も適性検査を課す、一般教養を課す、小論文を課すなど学校によって違います。もちろん、学校によって難易度も異なります。価値ある内容が盛りだくさん。

面接官になった今だからこそわかる

採用する側として思うこと

落ちる人と受かる人の違いとは。

応募者目線で経験者が語ります

採用試験に行くときに見てくるべきこと

応募側は学校に審査されると当時に、学校を審査することができるのです。当たり前かもしれませんが、もう一度確認しておきたいことはたくさんあります。ささいなことからでも得られる情報は意外に多いものです。

タイトルとURLをコピーしました